2007年08月12日

発明原理20

TRIZの発明原理は次のように表現されています。


発明原理20
 有用作用の継続
 (もしくは、有用作用の連続性)

 ⇒英語:Continuity of useful action


・開始、終了のロスの大きいものや、
 動力が無駄になっていたり、
 急激に沢山必要になるようなものを、
 常に十分な負荷または最適の効率で働くように工夫する。
・工程の待ち時間、停止時間の必要な素材・機構を変えて、
 無駄な、あるいは、非生産的な動作を取り除く。


set_hyouji.png

posted by 石井力重(宮城TRIZ研究会) at 00:00| TRIZ20