2007年08月14日

【智慧カード39】反応の起きにくいものでそこを満たせ

TRIZcard39.png

この切り口は、次のような場合の問題解決に有効です。

モータースポーツ物体が発する有害要因、悪い副作用を改善したい。

モータースポーツ物体の安定性、構造の安定性を改善したい

モータースポーツ物体が受ける(物体に働く)有害要因を改善したい






set_hyouji.png

posted by 石井力重(宮城TRIZ研究会) at 00:00| TRIZ39

2007年08月12日

発明原理39

TRIZの発明原理は次のように表現されています。


発明原理39
 不活性雰囲気
 (もしくは、不活性な環境)

 ⇒英語:Inert atmosphere


・高温金属の劣化を抑えるため、
 通常の環境、雰囲気を不活性なガス(反応性の低いガス)に
 入れ替える。
・重力があまり無い環境(無重力状態)の特性を利用して、
 製造する。
・吸音パネル、難燃性の薬剤など、中性な部品や不活性要素を、
 工夫しようとする対象に取り入れる。


set_hyouji.png

posted by 石井力重(宮城TRIZ研究会) at 00:00| TRIZ39

2007年08月10日

優れた事例39

発明原理のもつ問題解決のパターンの、具体事例は次のようなものがあります。

kiironohon_39.JPG


智慧カード39、発明原理39、にマッチした事例を見つけたら、コメントをお寄せ下さい。お寄せいただいた情報・事例を、掲載事例として採用させていただくことがあります。


set_hyouji.png

posted by 石井力重(宮城TRIZ研究会) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TRIZ39